AnsweredAssumed Answered

JMXインターフェイスの使用方法

Question asked by mryoshio on May 9, 2008
mryoshioです。

Alfresco Enterprise 2.2.0からJMXインターフェイスが使用可能になりました。
本トピックではJManageを使う場合の導入方法を紹介します。
興味のある方はぜひお使い下さい。(そして本フォーラムにノウハウをご投稿下さい)

[環境]

- Mac OS X 10.4.11
- Alfresco Enterprise Network 2.2.0

[前提]

Alfresco 2.2.0Eがすでに起動している状態とします。

[手順]

1. JManageサイトhttp://www.jmanage.org/からjmanage-2.0-RC1.tar.gzをダウンロード
2. ダウンロードしたファイルを任意の場所に展開(e.g. /opt/jmanager)
3. /opt/jmanager/binへ移動
4. shファイルへ実行権限を付与
5. startup.shを実行
6. ブラウザでhttp://localhost:9090/へアクセス
7. ユーザ: admin, パスワード: 123456(デフォルト)でログイン
8. Add Applicationをクリック
9. 以下の内容を入力し, saveをクリック

- Name: <任意の名称>
- URL:service:jmx:rmi:///jndi/rmi://127.0.0.1:50500/alfresco/jmxrmi
- Username:controlRole
- Password: change_asap

以上の手順によりCIFSやLogの設定をJMX経由で変更することが可能になります。

[参考]

http://wiki.alfresco.com/wiki/JMX
http://www.jmanage.org/wiki/index.php/JManage_Installation

Alfresco側でのJMX接続のユーザー名やパスワードは
tomcat/webapps/alfresco/WEB-INF/classes/alfresco/
- alfresco-jmxrmi.access
- alfresco-jmxrmi.password
で変更することができます。

試験環境以外で使用する際は
JManageのパスワードも含めて変更することをお忘れなく。
:wink:

Outcomes